加齢臭を抑える|ちょっとした工夫でバッチリ対策できる

対策を知れば怖くない

女の人

毎日の生活の中では香りと臭いに出会います。香りは良い物ですが臭いは悩みになります。四十歳過ぎると加齢臭も悩みに加わります。ホルモン分泌量が減る事で酸化が進み臭いが発生し易くなります。今は対策出来る物がたくさんあります。石鹸や下着や洗剤など簡単に手に入り手間もかかりません。心身の若さも重要です。

詳細

心身の健康が一番の対策だ

婦人

対策出来る良い物がある

四十歳を過ぎると男女共に加齢臭に悩まされる人が出てきます。過酸化脂質や脂肪酸が原因です。過酸化脂質はコレステロールや中性脂肪が活性酸素の働きで酸化した物です。活性酸素はホルモンに抑制されています。しかし四十代頃から男女共にホルモン分泌が減ります。その結果過酸化脂質が発生し易くなります。脂肪酸は加齢と共に分泌量が増えます。脂肪酸と過酸化脂質が皮膚の菌などにより酸化すると加齢臭の元となるノネナールが発生します。今は加齢臭対策の石鹸や洗濯洗剤があります。抗菌効果の高い下着も売られています。これらを使用する事で加齢臭を和らげる事が出来ます。汗をかいたら放っておかずこまめにふき取る事も大事です。ドラッグストアなどでも汗ふきシートを販売していますから携帯しておくと良いです。

健康を見直すサインになる

臭いは体調不良を知らせるサインでもあります。具合の悪い箇所や病気によって臭い方が違うと考えられています。病気を治療する事で臭いが緩和する事もよくあります。年齢以上に身体の酸化が進むと加齢臭も強くなります。強い臭いを感じたら生活を振り返り健康診断を受けると良いかもしれません。臭いは健康に気を付ける良いきっかけと捉えれば前向きになれます。前向きになり健康であれば心身共に充実します。若々しくいられます。身体が老化する事で発生するのが加齢臭です。若くいられれば加齢臭が和らぐ可能性が高まります。年のせいと諦めずに色々と試してみるのが良いです。清潔にしたり健康に気を付けたりする事は加齢臭以外の面においても良い事です。